So-net無料ブログ作成

kaetenx

育毛剤の最新保存版で髪元気に成功者



育毛剤の最新保存版で髪元気に成功者が続出!!

塗る育毛剤「ミノキシジル」vs.飲む発毛剤「プロペシア」 効くのはどっち ビックリマーク

有効成分ミノキシジルって はてなマーク

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)[レジスタードトレードマーク]の商品名で売られている。日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップ[レジスタードトレードマーク]シリーズが市販されている。

プロペシアとは はてなマーク

男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す酵素の働きを阻害することで、AGAの改善を行う内服薬だ。アメリカの食品医薬品局で飲む発毛剤として認可されており、日本では2005年に万有製薬(現MSD)が、厚生労働省から輸入承認を取得している。医師が処方する薬なので一般の薬局などでは販売されておらず、手に入れるには皮膚科等の病院へ行く必要がある。

結局、どっちが効くの はてなマーク

「どの箇所にも効く」「増やす力が大きい」という点で、ミノキシジル5%のほうが上。フィナステリドは、効果のある部位が決まっており、個人差も出やすい印象。ミノキシジルは1%だと弱いが、5%であれば、フィナステリドよりもよく効くと思う。ただし一番よく効くのは両者の併用。

---------------------------------------------------------

大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学講座 乾 重樹准教授

結論から言うと、どちらもよく効く。ミノキシジル1%ならフィナステリドのほうが明らかに上だが、5%ならかなりの効果は期待できるだろう。しかし、海外の臨床試験の結果を見ると、ミノキシジル5%よりもフィナステリドのほうが、効果はやや上とされている。

東京メモリアルクリニック・平山 佐藤明男院長

メカニズムがはっきりしているし、原因となる男性ホルモン(DHT)を抑えるので、「どちらかを選ぶ」となればフィナステリドだろう。ミノキシジルはフィナステリドの弱点を補完するもの、という印象。ミノキシジルは波があるが、フィナステリドは効果にバラつきがない。

AGA治療ジェネリック医薬品フィナバルド(Finabald)1mg


2日でコーヒー1缶分!!低価格育毛剤フォリクロンBM


ヤマト便のスピード発送 最短3日でお届け!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました