So-net無料ブログ作成
検索選択

kaetenx

激やせ ダイエット方法(吸収阻害、宿便)



oosakadou01.jpg
激やせダイエットの定番で米国FDAより認可をされているロシュ社『ゼニカル』のジェネリック品になります。メーカーLloyd Laboratories Inc.社主成分Orlistat(オーリスタット/オルリスタット)
oosakadou02.jpg
oosakadou03.jpg
オルリファスト(Orlifast)の推奨摂取量は、1日3回、1回120mg(1カプセル)とされています。
食事中または、食後に服用するのが効果的です 。
但し、脂肪分を含まない食事の際は服用しないでください。
oosakadou04.jpg
主成分Orlistat(オーリスタット/オルリスタット)は、食事により摂られた脂肪分を腸で吸収されるように脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ」の働きを阻害します。
リパーゼが不活性となることにより、食べ物に含まれる脂肪は、腸に吸収出来る脂肪酸やモノグリセリドに分解されずに、余分な脂分30%を吸収せず体外へ排泄します。
摂取した油分をカットするため、糖尿病や高血圧症などの予防効果にも役立ちます。
oosakadou05.jpg
便意の回数の増加やおなら、急な便意などが見られます。
有効成分オーリスタットの作用でベータカロチンやビタミンA・D・E・Kなど脂溶性栄養素の吸収が減少します。
    
oosakadou06.jpg
oosakadou07.jpg
Lloyd Laboratories Inc.社は1958年来、世界中の医師および獣医から支持される製品を作り続け、高レベルな安定度、安全性、効能をもつ医薬品と栄養補助食品を、お客様にお届けしています。
世界各国に市場を拡大する場合も、適正製造規範(GMP)に厳格に従いつつ、各国市場の規制要件を順守しています。

Lloyd Laboratories Inc.社の工場は、錠剤およびパウダー状の製品の完全な製造設備を備えており、原材料の仕入れ段階から世界中のお客様への最終出荷に至るまで、米食品医薬品局(FDA)及び他の規制当局の基準を満たしつつ、全製造段階を綿密にモニターしています。
oosakadou08.jpg
        
詳しくは、写真をクリック!!


育毛剤の最新保存版で髪元気に成功者



育毛剤の最新保存版で髪元気に成功者が続出!!

塗る育毛剤「ミノキシジル」vs.飲む発毛剤「プロペシア」 効くのはどっち ビックリマーク

有効成分ミノキシジルって はてなマーク

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)[レジスタードトレードマーク]の商品名で売られている。日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップ[レジスタードトレードマーク]シリーズが市販されている。

プロペシアとは はてなマーク

男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す酵素の働きを阻害することで、AGAの改善を行う内服薬だ。アメリカ食品医薬品局で飲む発毛剤として認可されており、日本では2005年に万有製薬(現MSD)が、厚生労働省から輸入承認を取得している。医師が処方する薬なので一般の薬局などでは販売されておらず、手に入れるには皮膚科等の病院へ行く必要がある。

結局、どっちが効くの はてなマーク

「どの箇所にも効く」「増やす力が大きい」という点で、ミノキシジル5%のほうが上。フィナステリドは、効果のある部位が決まっており、個人差も出やすい印象。ミノキシジルは1%だと弱いが、5%であれば、フィナステリドよりもよく効くと思う。ただし一番よく効くのは両者の併用。

---------------------------------------------------------

大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学講座 乾 重樹准教授

結論から言うと、どちらもよく効く。ミノキシジル1%ならフィナステリドのほうが明らかに上だが、5%ならかなりの効果は期待できるだろう。しかし、海外の臨床試験の結果を見ると、ミノキシジル5%よりもフィナステリドのほうが、効果はやや上とされている。

東京メモリアルクリニック・平山 佐藤明男院長

メカニズムがはっきりしているし、原因となる男性ホルモン(DHT)を抑えるので、「どちらかを選ぶ」となればフィナステリドだろう。ミノキシジルはフィナステリドの弱点を補完するもの、という印象。ミノキシジルは波があるが、フィナステリドは効果にバラつきがない。

AGA治療ジェネリック医薬品フィナバルド(Finabald)1mg


2日でコーヒー1缶分!!低価格育毛剤フォリクロンBM


ヤマト便のスピード発送 最短3日でお届け!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:美容

激やせ ダイエット方法・食欲抑制・脂肪燃焼・ハーネマン



激やせ ダイエット方法・食欲抑制・脂肪燃焼をご紹介します。

まずは、ホメオパシーという言葉をご存知でしょうか はてなマークとは、

今から200年前にドイツの医師ハーネマンが

その生涯をかけて確立させた自己治癒力を

使う同種療法です。

同種療法の起源は古代ギリシャのヒポクラテスまで

さかのぼることができ

「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」

という「同種の法則」が根本原則になっています。

ハーネマンはこの「同種の法則」にプラスして

症状を起こすものを非常に薄め活性化(希釈振盪)

して使うことにより、体に悪影響を与えることなく

症状だけを取っていくものとなるという

「超微量の法則」を打ち建て、物質の悪影響もなく

情報パターンだけを与えることで安全で体にやさしく

常習性を持たないホメオパシー療法を完成させました。

特に英国王室がこの医療を実践していたということで

世界的にも知られるようになりました。

VitalWeightLossXLはこのホメオパシー理論に基づき

ごく自然な方法で安全にウエイトを減らし、新陳代謝

甲状腺機能を補助する新しいスプレータイプサプリメントです。

◆効果
脂肪燃焼をしやすい体作りのサポート
甲状腺の健康サポート
食欲過剰の抑制
水分バランスの維持
エネルギーの最適化

◆用法
12歳以上のお子様から大人の方は、1日に3回、
食事の15分前を目安に舌下部に2回ずつスプレー
してください。

◆注意事項
使用されている原材料にアレルギーをお持ちの場合は、
ご摂取しないで下さい。
お子様の手の届かない場所で保管して下さい。
妊娠中・授乳中の方はご摂取前に医師にご相談下さい。
室温で保管して下さい。

詳しくは、写真クリック!!
 ↓ ↓ ↓ ↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:美容

インポテンツm 勃起不全・勃起障害・ED(イーディー)とは・・・!



インポテンツm 勃起不全・勃起障害・ED(イーディー)とは・・・!

英語のErectile Dysfunction (エレクタイル ディスファンクション) の

略です。

通常性交の75%以上で性交が行えない状態を勃起機能障害、

勃起不全と呼びます。

EDに悩む人は加齢に伴い増加傾向にあり器質性のEDは

50代以上に多く見られ機能性(心因性)のものは

若年層にも多く見られます。

現在、日本を始めとする先進国では健康寿命が長い

傾向があり永く性生活を楽しみたいと考える

老年者が増えてきたことも

近年、EDが注目される要因とも考えられますね。

第8回国際インポテンス学会で発表したデータによれば

その罹患率は

40代16%~20%、50代36%~47%、60代57%~70% である。

また、「成人男性の健康と性に関する調査委員会」の

報告に拠れば20歳から39歳という若年層の約5%が

勃起不全を訴えている。

かつては患者さんも 恥ずかしいという感情から

治療も困難であったが「バイアグラ」の出現以降、

患者と医師が協力したりパートナー(妻)の助けも

必要とせず患者さん単体で治療に当たれる事から、

積極的に治療に当たれる体勢が整いつつある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:健康

オーソライズドジェネリック・薬の価値と価格 ♪



オーソライズドジェネリックの説明をする上で、そもそもの薬の価値と価格についてご説明します。

先発医薬品(先薬)の開発には巨額の費用(300億円以上)と

膨大な時間(約9-17年)を必要とするために開発企業(先発企業)は

先発医薬品の構造やその製造方法などについて特許権を取得し

自社が新規に開発した医薬品を製造・販売することによって

資本の回収を図ります。

また、その先発医薬品で得た利益を新たな先発医薬品の研究開発費

として投資する。

当然、特許の存続期間が満了すると、他の企業(後発企業)も自由に

先発医薬品とほぼ同じ主成分を有する後発医薬品が製造・販売が

できるようになる。

特許権の存続期間は原則として特許出願日から20年の経過を

もち終了する。

後発医薬品(こうはついやくひん)とは最近、耳慣れた

ジェネリック医薬品( Generic Drug、Generic Medicine ) と

同意語で医薬品の有効成分そのものに対する特許である

物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する

医薬品である。

新薬と同じ主成分の薬で後発薬と略称で呼ばれることもある。

その他、医薬品の特許には

・物質特許(有効成分)

・製法特許(製造方法)

・用途特許/医薬特許(効能効果)

・製剤特許(用法用量)の4種類がある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:健康